【手芸用・布用ボンドの代用】木工用やアロンアルフアは代わりになる?

人形

ぬいぐるみなどを作るとき、布用ボンド(手芸用ボンド)を使用する人は多いですよね。

縫わなくても布が貼れるので、不器用さん御用達のアイテムでしょう。

くま
簡単にハンドメイドができて便利です。

 

とはいえ使用頻度が少ないと、肝心なときに「ボンドの中身がない」なんてケースもしばしば。

そこで今回は布用ボンド(手芸用ボンド)の代用になるアイテムについて調べました。

木工用ボンドやアロンアルフアは代わりになるのか、簡単に紹介します。

結論:代わりになる製品は少ない

乾燥時間と仕上がりに差が出ます

手芸

結論から言えば、布用ボンド(手芸用ボンド)を代用するのは難しいです。

布やフェルトをくっつけるだけなら他の接着剤でも可能ですが、私が試したところ

  • 仕上がり(のりが固まった状態)
  • のりが乾くまでのスピード

が全く違いました。

くま
布用ボンドの場合、3分でのりが固まりました。

 

やはり布用ボンドの方が、他と比較して乾燥までのスピードが速く仕上がりもキレイです。

大切なものなら、代用品ではなく布用ボンドの使用をオススメします。

マスク

マスクゴムとワイヤーの代用は?ヘアゴムや帽子ゴムだと痛い?

 

見た目にこだわるなら布用がオススメ

特に”仕上がり”は全く違います。

フェルトで実験したところ、木工用ボンドは接着部分がカチカチになりましたが、布用ボンドは柔らかさを残したまま固まりました。

仕上がりの違い
  • 木工用ボンド:接着した部分がカチカチになる
  • 布用ボンド:接着した部分に柔らかさがある

 

「とにかく布が貼れればいい」という場合はともかく、見た目にこだわるなら布用ボンド(手芸用ボンド)を使用するのがベターでしょう。

くま
手芸には布用ボンドがおすすめです。

布用ボンドは洗濯しても剥がれませんし、裁縫が困難な場所にも使用できるので1本持っておくと便利です。

木工用ボンドで代用するのは非推奨

木工用ボンドのデメリット

おもちゃ

木工用ボンドの用途には「布」も含まれていますが、手芸に使用するのはオススメしません。

というのも、布の種類によっては木工用ボンドで張り付かないケースがあるのです。

くま
ポリエステル100%生地の場合、木工用ボンドの効果は低いです。

 

その他、木工用ボンドを手芸に使用すると以下のデメリットがあります。

木工用ボンドのデメリット
  • 仕上がりが悪い(接着部分がカチカチになる)
  • 乾燥スピードが遅い
  • フェルトなどの場合、後からはがれる可能性がある
  • ポリエステルなど一部の布は接着できない
くま
デメリットが多いですね。

木工用ボンドで代用すると、見た目が悪く剥がれる可能性があります。

なので、できれば布用ボンドを使用した方がいいでしょう。

 

そもそも木工用は成分が違います

そもそも、布用ボンドと木工用ボンドは成分が違います。

布用ボンドでよく用いられる成分は「シリル化ウレタン樹脂」や「変性シリコーン樹脂」。一方、木工用ボンドには「酢酸ビニル樹脂」が使用されています。

成分が違うため、仕上がりや用途に差が出るようです。

布用ボンドの代用になるアイテム

代用①多目的クラフトボンド

引用元:Amazon

多目的用のボンドなら、布だけでなく革・ガラス・タイル・プラスチックなど様々な素材に使用できます。

有名どころだと、KAWAGUCHIの『多目的クラフトボンド Neo』が人気でしょう。

この製品はハンドメイド全般に使用できて、透明度や接着強度もかなりのレベル。

もちろん布・フェルトにも使用できます。

乾燥スピードはやや遅いですが、張り付けた後で調整できるのがメリットです。

くま
容量が10gと少なめですが、それ以外は文句なしの製品です。

 

ただし、ポリエチレンなどは接着できないので注意。

接着できるもの・・・クラフト素材、金属類、プラスチック類、ゴム類、無機質類
接着できないもの・・・ポリエチレン、ポリプロピレン、シリコーン樹脂、フッ素樹脂
※貴金属・美術品には使用しないでください。
引用元:https://amzn.to/3dEpxtB

マスク

マスクの代わりになるものはどれ?代用アイテムまとめ

 

代用②セリアの両面接着芯

用途によっては両面接着芯がボンドの代用になるでしょう。

両面接着芯とは、両面にのりが付いた補強芯のこと。アイロンで布に貼りつけできるので、

  • 表生地と裏生地の接着
  • アップリケの接着
  • 衣類の補修

などに使用できます。

くま
好きな布に貼ると布テープ代わりにもなるので、かなり便利。

 

両面接着芯は、セリアやダイソーなどの100均で販売されています。手芸店で購入するより、100均の方がコスパが良いですよ。

アロンアルフアは使用禁止!

『アロンアルファ』などの瞬間接着剤は、絶対に布製品に使用してはいけません。

というのも、瞬間接着剤が布などに染み込むと発熱する可能性があるのです。

場合によっては火傷するので、取扱いには十分注意してくださいね。

くま
原理はよくわかりませんが、怖いですね。

 

なお、瞬間接着剤の発熱現象については『アロンアルファ』の公式ホームページでも注意喚起されています。

アロンアルフアは布などの繊維状の材料に染み込むと急激に硬化し、発熱することがあります。取り扱いの際は、軍手などの染み込みやすい材料は避け、ポリエチ製手袋などの染み込みのない手袋を使用してください。

引用元:https://bit.ly/3aEJkHH

私はハロウィンの衣装を作成をするとき、アロンアルファを布に垂らしてしまいました…

この現象について知らなかったので、当時はとても驚いたものです。

くま
皆さんも気を付けてくださいね。

まとめ|手芸用ボンドの代わりになるもの

裁縫

布用ボンドがない場合、代用品として次の製品があげられます。

代用品のおさらい
  • 多目的用のボンド
  • 両面接着芯

多目的用ボンドなら色々な素材に使用できます。

両面接着芯は使用できるケースが限られるものの、アップリケの接着や布テープの代用として便利でしょう。

くま
両面接着芯はセリアで買えますよ。

 

木工用ボンドでも代用できますが、乾燥スピードが遅く仕上がりに差が出るのがデメリット。

おまけに剥がれる可能性もあるので、私だったら使用しません。

くま
布用ボンドは500円程度なので、そちらを購入した方がいいでしょう。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

↓関連記事は下です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA