【ケーキナイフの代用】普通の包丁・糸などを使った切り方まとめ

ケーキ

普通の包丁でケーキを切ると、形が崩れてしまいますよね。

そんな時にケーキナイフがあると便利ですが、ない時はどうすればいいのでしょうか?

今回の記事では、自宅にあるものをケーキナイフの代用にする方法をまとめました。

普通の包丁を使った切り方はもちろん、”糸”を使った切り方も紹介します。

代用①普通の包丁でケーキを切る場合

切り方のコツ①包丁をお湯で温める

ケーキ

普通の包丁でケーキを切るなら、包丁をお湯で温めておきましょう。

温めるとクリームが付着しにくくなるので、ケーキの断面がキレイになります。

準備するものは、長めの包丁・お湯・ボール(桶)・布巾の4つ。この4つを使い、以下の方法で包丁を温めて下さい。

普通の包丁で切るときのコツ
  1. 約50度のお湯で、包丁を30秒温める
  2. お湯で温めたら、包丁を布巾でふく
  3. ケーキをカットし、包丁をよく拭いてから再度カット
くま
事前に準備するだけで、ケーキが上手に切れますよ。

 

包丁をお湯につけるのが嫌なら、温めた布巾で拭くだけでもOK。

ちなみにこの方法を使えば、柔らかい食パンなども綺麗にスライスできますよ。

包丁が温かい方がよく切れます。包丁を温めることにより、パンの油分を溶かし柔らかくするので切りやすくなります。布巾のかわりに熱いお湯に浸けてから切ってもOK。
包丁を傷めてしまい切れ味が悪くなってしまうので、直火で温めることは控えてください。

引用元:https://bit.ly/3iiU2r3

⇒ケーキクーラーがない時の代用品はこちら

切り方のコツ②引きながら切る

ケーキを切る時は、包丁を立てずに少し斜めにします。

そして押すのではなく、引きながら切るのがポイント。のこぎりを使う時のように、手前に引きながら切りましょう。

上手なケーキの切り方
  1. 包丁は少し斜めに入れる
  2. 引きながら切る
くま
くれぐれも、包丁は押さないで下さいね!

普通に切るとキレイに切れませんが、上記2点に注意すると切りやすいですよ。

代用②糸を使った切り方

ロールケーキの場合

裁縫

ロールケーキやカステラの場合、糸を使って切ることもきます。

用意するのは、細めの糸。

切り方はとても簡単で、切りたい部分を糸でぐるっと巻いて引っ張るだけ。糸を洗ってから、以下の手順でカットできます。

糸を使った切り方
  1. ロールケーキの切りたい部分に、糸をぐるっと巻く
  2. ロールケーキの上で、糸をクロスさせる
  3. そのまま左右に糸をひっぱる(ゆっくりと)
切り方のコツ
  • 糸は細めのものがオススメ
  • ゆっくり切る

ロールケーキなど小さめの菓子については、包丁より糸のほうが簡単にカットできます。

野外でケーキを食べる時など、包丁を持っていけないシーンでは便利でしょう。

ホールケーキを切る場合

ホールケーキの場合、ロールケーキとは違った切り方をします。ホールケーキの上で糸を真っすぐに張り、そのまま垂直に下ろしましょう。

糸を使った切り方
  1. ホールケーキの真上で、糸を真っすぐにピンと張る
  2. 糸をまっすぐ下ろし、ゆっくりと少しずつ切っていく
切り方のコツ
  • 糸は細めのものがオススメ
  • ゆっくり切る
  • 真っすぐ下ろす
  • 左右に揺らさない

包丁のように押したり引いたりせず、糸をまっすぐに下ろしながら切ります。

コーヒーフィルターの代用品はこちら

補足|ケーキナイフは100均でも購入できます

ケーキナイフは100均で販売されているので、1本購入しておくのもアリでしょう。

管理人がダイソーを確認したところ、パンとケーキの両方に使用できるナイフが販売されていました。

本格的なケーキナイフと比べれば切れ味は劣るものの、そこそこ使えます。

もし使用頻度が多いなら、通販などで少し高めのものを購入してもいいと思います。1000円くらいで切れ味のいい製品がたくさんあるので、個人的にはそちらを購入するのがオススメ。

まとめ

ワッフル

今回はケーキナイフの代用品について紹介しました。以下、この記事で紹介した内容のおさらいです。

ケーキナイフの代用品
  1. 包丁
    お湯で温めてから使用する。なお、切るときは少し斜めに包丁を入れて、引きながら切る。

  2. ロールケーキなどは、切りたい場所に糸をぐるっと巻きつけて、先端をクロスさせたまま左右に引っ張る。
    ホールケーキの場合、糸をケーキの上でピンと張ってから垂直に下ろす。
くま
糸の場合、よく洗ってから使用してくださいね。

 

普通の包丁でもひと手間加えれば代用できますが、野外などで包丁を使えないなら”糸”を使用しても大丈夫です。

包丁でそのまま切るよりも、断然キレイに切れますよ。それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

↓関連記事は下です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA