PAO(パオ)の正規品と偽物の見分け方は?本物は〇〇が違います

偽物と本物

『MTG』の人気商品・PAO(パオ)。

累計出荷数100万本を超えるロングセラーですが、ネット上ではPAO(パオ)の偽物が販売されています。

通販サイトなどの口コミでは「”正規品”と記載された商品を注文したのに、偽物が届いた」などの被害報告もちらほら。

こんな状況では、安心して購入できませんよね?

そこで今回は、PAOの正規品(本物)と偽物の見分け方について紹介します。

安全に買う方法と、偽物にありがちな特徴をまとめました。

はじめに|PAO(パオ)は正規販売店で買うのが安全

PAO
引用元:Amazon

PAO(パオ)に限らず、ダイエットグッズは基本的に偽物が多いです。

管理人が確認したところ、出店ルールの緩い通販サイトには偽物があふれていました(詳しくは3章参照)

なので、PAO(パオ)は公式サイトや正規販売店で購入するのが安全でしょう。

 

外見が本物そっくりな偽物だと、見分けがつきにくいので公式サイトでも以下のように注意喚起されています。

現在、数多くのコピー品・模倣品が販売されており、外観上は精巧にコピーされているため、見分けることが困難です。そして、機能・品質面において正規品とは全く異なった劣悪な品質のコピー品・模倣品であることが確認されており、お客様に健康被害を引き起こす可能性があることを危惧しております。

また、製造番号が削られている、保証書がない、保証書の製造番号が切り取られているなど、商品を改造しているものもあり、製造元として製品保証ができないものもあります。

そのため、安全に、また安心してご利用いただけるよう正規販売店でのお求めをおすすめいたします。

引用元:MTG公式サイト「よくあるご質問」より

 

『MTG』の製品については、PAOだけでなくSIXPAD・ReFa・Styleブランドの偽物も多く流通しているのが現状です。

くま
本物と見分けがつかない偽物もあるので要注意!

関連:PAO(パオ)の代用品はある?類似品を調べてみた結果

正規品(本物)と偽物の見分け方

評価ポイント

次は、正規品(本物)と偽物の外見的な違いについて紹介します。

家電量販店などでPAO(パオ)を購入するときは、以下の項目をチェックしてくださいね。

シリアルナンバーの有無

PAOの箱

PAO(パオ)の外箱と保証書には、シリアルナンバーの書かれたシールが貼られています。

シリアルナンバーとバーコードが一緒に印刷されているので、まずはこれらの有無をチェックしてみましょう。

ちなみに管理人が購入したところ「POW066…」と記載されていました。

なので今から購入する場合、66万以降の番号が記載されているはずです。

くま
シリアルナンバーのない商品は怪しいですよ!

本体に「MADE IN JAPAN」と印字があるか

PAOは日本製品なので「MADE IN JAPAN」としっかり記載されています。

記載されている場所は、本体・箱・取扱説明書の3か所。それぞれに記載があるか確認してみてください。

偽物の場合、表記が「MADE IN CHINA」になっている可能性があります。

正規の値段で販売されているか

販売価格が、正規品と同じ価格かどうか。ここも大事なチェックポイントでしょう。

正規品の場合、PAO(パオ)は以下の値段で販売されています。

FACIAL FITNESS PAOの正規価格
  • 通常モデル:税込14,080円(税抜12,800円)
  • 3model:税込10,780円(税抜9,800円)

本体価格が3000~5000円くらいで販売されていたら、高確率で偽物でしょう。

価格が安すぎます。

そして、微妙に値引きされているケースも注意が必要。

偽物を販売する業者は、値段設定がとても巧妙です。

税込14,080円のところを10000~11000円で販売するなど、判断のつきにくい価格で出品しています。

このくらいの値段差だと「値下げしたのかな?」と騙されてしまう人もいるでしょう。

くま
数字がリアルだから、つい騙されがちです。

ただし精巧な偽物だと、見分けがつかないケースも

シリアルナンバーや原産国に問題がなくても、100%本物であるとは言えません。

外見だけだと正規品と見分けがつかないケースもあるので、できれば正規の販売店で購入することをオススメします。

別製品の話ですが、パッケージや本体だけでなく取扱説明書・付属品までもが精巧に作られた偽物も確認されています。

通販サイトで買うときの見分け方

通販サイトでの購入は非推奨

パソコンとスマホ

結論から言えば、公式サイト以外の通販はおススメしません。

理由は、PAOの偽物がたくさん出回っているから。

そもそも通販だと実物を確認できないので、実店舗で購入するよりリスクが高いでしょう。実際、以下のような悪質なケースも発見されています。

通販サイトの悪質なパターン
  1. 商品の詳細ページには、PAOの公式画像(販売元であるMTGの紹介写真)を掲載。
  2. 注文して届いたのは、①と違う商品。当然ながら偽物。

このパターンだと、購入するまで偽物かどうか判別できませんよね?なので管理人は、通販サイトでの購入は非推奨です。

どうしても通販サイトを使用するなら、最低でも以下2点を確認してみてください。

くま
ただし、100%偽物を見抜けるワケじゃありません。

販売元が「MTG」か確認

PAOの販売元は『MTG』なので、まずはここを確認しましょう。

販売元が『MTG』でなければ要注意。偽物だと、下のように販売元が違います。

上記商品だと、販売元が「N/A」となっていますよね?

つまり、PAOの類似品です。正規品ではありません。

製品名を確認

商品タイトルに「PAO」と書かれているか確認してみましょう。

偽物だと『POE』や『POA』など、妙な製品名になっています。

また、商品タイトルがやたら長くて製品名がないものもアウト。

例えば「小顔 顔痩せ リフトアップ たるみ解消(以下略)」みたいな商品タイトルであれば、恐らく偽物です。

この場合も、製品名は記載されていないケースが多いです。

まとめ

正規品(本物)と偽物の見分け方

女性

以下、今回紹介した内容のおさらいです。

正規品(本物)と偽物を見分ける場合、以下のポイントを参考にしてみてください。

店舗で購入するときの見分け方
  • 外箱にシリアルナンバーが記載されているか
  • 本体(裏側)に「MADE IN JAPAN」と印字があるか
  • 正規の値段で販売されているか
通販サイトで購入するときの見分け方
  • 販売元が「MTG」か確認
  • 製品名に「PAO」と記載されているか
  • 正規の値段で販売されているか

最低限、上記はチェックした方がいいのかなと思います。偽物を100%見抜けるワケではありませんが、目安にはなるでしょう。

別の製品ですが、過去にはシリアルナンバーや保証書までも再現した偽物もありました。このような偽物だと、見分けるのは困難です。

 

「メーカー正規品」と記載された偽物もあります

パソコンとタブレット

通販サイトだと悪質な業者が多く、正規品と書かれていても偽物が届くケースさえあります。

実際にAmazonのレビューを調査したところ、メーカー正規品と記載があるにも関わらず「偽物・不良品が届いた」との口コミがいくつか見られました。

箱がビニール袋に直接入れられ、テープでぐるぐる巻きにされて送られて来ました。
案の定箱が破損し、付属品も飛び出している。付属しているはずのポーチもどこにも見当たらず。本体の入った袋も口が空いている。原産国は日本と表記されていましたが、箱にでかでかと書かれた「メイドインチャイナ」…。

届いた商品がすでに開封済みでした。新品での購入のはずですが、、、誰かの使用品 ?まさかね、

新品で頼んだのに本当に新品じゃないものが届きました…
箱の開封前のシールが既に剥がれていて、箱自体も数ヵ所破けていました。

くま
これらが事実なら、かなり悪質ですね。

 

もちろん正規品が届いたというレビューも多数ありますが、ネットだと真偽がわかりませんよね?

なので通販をする場合、MTGの公式オンラインショップを利用するのが安全です。

MTG公式サイトはこちら

 

通販サイトのダイエット系カテゴリは、偽物で溢れかえっているので要注意。PAOに限らず、とにかく偽物が多いです。

そのため、管理人は正規販売店での購入をオススメします。

↓関連記事は下です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA