【エタノールの代用】オキシドールやアルコールは代わりになる?

フラスコ2

消毒や掃除をするとき「エタノール」を使う家庭は少なくないでしょう。

そこで今回は、エタノールの代用として使えるアイテムを紹介します。

エタノールと混同されがちな「アルコール」や、消毒時によく使用される「オキシドール」は代わりになるのでしょうか?

くま
小学生にもわかるように解説します。

エタノールとアルコールの違い

結論から言うと、エタノールはアルコールの一種です。

アルコールにはいろいろな種類があり、デンプンなどをアルコール発酵させた液体がエタノール。他にもメタノールやイソプレパノールなどが含まれます。

つまり「エタノール≒アルコール」ですね。

 

エタノールはアルコール類の中でも唯一、人間が飲んでも害にならないという特徴があります。

そのため一般的にお酒として飲まれていて、私たちが普段飲んでいるのもエタノールです。

エタノールとアルコールの違い
  • エタノール:アルコールの一種
  • アルコール:アルコール類全般を指す言葉
くま
エタノールは日本語で酒精(しゅせい)とも呼ばれます。

エタノールの代用になるもの

フラスコ

そもそもエタノールには次の3種類あり、それぞれ性質や使用目的が違います。

エタノールの種類
  • 無水エタノール:水分をほぼ含みまないため、電化製品などの掃除が得意です。ただし殺菌効果はありません。濃度は99.5vol%以上。
  • エタノール:濃度が95.1~96.9vol%。
  • 消毒用エタノール:名前のとおり消毒に効果を発揮します。濃度は76.9~81.4vol%。

 

エタノールは濃度によって性質が変わるため、「何の目的で使うのか」によって代用品も変わってきます。

掃除に使うのか、手指などの消毒に使うのか、それとも飲料用として使うのか…

目的に合わせて、代用品を使い分けましょう。

詳しくは下の記事にまとめたので、そちらを参考にしてみてくださいね。

代用品まとめ
  • パソコンなど機械掃除に使う場合

「無水エタノール」の代用品はこちら

  • 酒の代用にしたい場合

代用になる飲み物はこちら

  • 消毒・消臭・キッチン掃除に使う場合

「消毒用エタノール」の代用品はこちら

【アルコール消毒を酒で代用】度数や効果は?風邪は撃退できる?

アルコール消毒スプレーの代用にウォッカ・焼酎・ウイスキーは使える?

アルコール消毒の代用にワイン・ホワイトリカー・日本酒は使える?

オキシドールは別物!代用できないので注意

消毒できるモノが違います

手洗い

エタノールとオキシドールはどちらも消毒液として使われますが、使用目的が違います。

オキシドールは傷口の消毒用。

エタノールは皮膚(怪我がない時)の消毒用。

同じ消毒液ですが、それぞれ使うタイミングが違うので代用できません。

エタノールとオキシドールの違い
  • オキシドール:傷や口内の殺菌・消毒用
  • 消毒用エタノール手指・日用品・キッチンの殺菌・消毒用に使用

 

インフルエンザの流行時期になると「消毒用エタノールの代わりにオキシドールを使う」という人がいますが、代用できないので注意してくださいね。

薬剤師に確認したところ、オキシドールはあくまで傷口用。皮膚の消毒には不向きとの事でした。

くま
皮膚を消毒するなら、消毒用エタノールの方が効果が高いです。
クリーナー

【オキシドールの代用】 血のシミ抜きや髪を脱色するとき代わりになるものは?

 

機械の掃除には使えません

オキシドールは過酸化水素水なので、無水エタノールの代用にはなりません。

無水エタノールのように電気機器の掃除には使えないので注意してくださいね。

↓関連記事は下です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA