パソコン用リストレスト(手首クッション)の作り方! 手作りで代用する方法は?

パソコン作業をしている時に、「手首が痛い」「腕がだるい」と悩んだことはありませんか?

事務員やライターなど、タイピングが多い職種だと、毎日のように腕が痛むという人も多いでしょう。

くま
リストレスト(手首クッション)を使って、腕・手首への負担を減らしたいですね。

 

とはいえ、両手用のリストレスト(手首クッション)は1000円~4000円くらいします。

ちょっと高いですよね?

そこで今回は、リストレストを手作りする方法を紹介します。

1日5時間以上パソコン作業をする私が、実際に自作して使用した感想をまとめました。

くま
市販品よりは効果が劣りますが、自作グッズでも多少は腕の疲れを軽減できますよ。

代用品を使って、少しでもパソコン仕事をラクにしましょう!

リストレスト(手首クッション)の効果

リストレストとは、キーボードやマウスの前に置いて手首を乗せるためのものです。

リストレストを使うことで、長時間のパソコン作業による疲労を軽減したり、手首や腕の痛みをやわらげたりするなどの効果が期待できます。

くま
つまり、パソコン用の手首クッションみたいなものですね。

 

上手く活用すれば、疲労軽減だけでなく作業効率アップにもつながるでしょう。

もし手首だけでなく腕全体がツライなら、リストレストと一緒にアームレストを併用すると負担をさらに軽減できますよ。

【代用】パソコン用アームレストは自作できる?椅子に肘置きがない時は?

あなたに合ったリストレストの選び方

リストレストは種類がいろいろ

パソコンと女性

最近はデスクワークをする人が多いせいか、多種類なリストレストが販売されています。

マウス使用がメインのタイプ。

キーボード入力を補助するタイプ。

体圧分散機能に優れたタイプなど。

いろいろな種類があるので、作業内容にあったリストレストを選択できます。

 

キーボードとマウス。どちらの使用率が高いか?

タイピングなどでキーボードの使用率が高い場合、上のようなロングタイプのリストレストがオススメです。

逆にマウスの使用率が高いなら、マウス用の小さなリストレストを選んでみてください。

くま
それぞれ使い心地が違うので、あなたの作業内容に合わせて使い分けましょう。

 

なお、リストレストの中で人気が高いのは「サンワサプライ」や「エレコム」の製品。通販サイトでもベストセラーになっていて、レビューも高評価です。

手首クッションを手作り!自作グッズの作り方

 

手作りのリストレストは、綿を詰めて手縫いするだけで作れます。中に詰め込む素材は、綿ではなくビーズで代用しても大丈夫ですよ。

くま
手作りのメリットは、やはり低コストなこと。材料費は100円~200円で済みます。

PC用アームレスト(椅子の肘置き)の高さが足りない時、100均グッズで調整する方法

タオルで代用!即席リストレストの作り方

タオルで代用した感想

見た目にこだわらない人なら、タオルを巻いただけの即席リストレストを作っても良いでしょう。これでも代用できます。

タオルで代用した感想ですが、確かに置いた方がタイピングが楽です。

ただし、劇的な違いがあったワケではありません。

長時間のパソコン作業をするとき、多少の助けになるかな…くらいの印象です。

やはり市販のリストレストを使った方が、圧倒的に疲労感は軽減されました。

くま
代用した感想は、あくまで「多少ラクかも」くらいの感じですね。

 

作り方と材料

手作りリストレストの作り方ですが、タオルを丸めて適当な高さにし、ボンドや糸で固定すればOKです。

タオルに手首を乗せたとき、位置が高すぎないよう注意。あまり高すぎると、パソコン作業がやりにくくなります。

くま
タオルを丸めたときの高さに注意してくださいね。

 

市販のリストレストは高さが1.2~2.6cmなので、手作りする時も、これくらいの高さになるよう調節してみてください。

くま
ちなみに、サンワサプライのリストレストは高さ22ミリ。エレコムは26ミリです。

 

もしリストレストで腕の負担が減らないようなら、机・イスの高さも調整することをオススメします。

昇降機能や調整レバーがなくても、下のグッズを使えば机・イスの高さを数センチプラスできますよ。

パソコンと手帳

デスクワークの味方!机と椅子の高さが合わないときの調整方法

自作するデメリットは、効果が薄いこと

リストレスト(手首クッション)は自作できますが、デメリットもあります。

というのも、市販のリストレストと違い効果が低いのです。

市販のリストレストは

  • 人間工学に基づいて作られている
  • 腕や肩の疲れを「大幅に」軽減できる
  • ジェル使用・滑り止め付きなど高性能
  • 手首の重さを分散できる

など疲労を軽減するための機能が付いていて、当然ながら専門的な知識に基づいて設計されています。

そのため効果が高いのです。

手作りや代用品でこれだけの効果が得られるかというと、答えはNOです。

くま
あくまで初心者が作った代用品なので、効果はそこそこ。既製品には及びません。

まとめ:手作りで代用するときのポイント

パソコンのマウス用やキーボード用。さらにはゲーミング用など、リストレスト(手首クッション)には様々なタイプがあります。

自作する場合は

  • 布でカバーを作り、中にビーズなどを詰める
  • タオルを丸めて代用する

などの方法で手作りしてもOKです。

ただし自作だと、既製品ほどの効果は期待できません。人間工学に基づいて作られた既製品に比べれば、当然ながら効果は劣ります。

そのため、コストを抑えたいなら自作。しっかりと効果を得たいなら既製品を購入した方がいいでしょう。

それでは、ここまで読んでいただきありがとうございました。

↓関連記事は下です↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA